モグワンドッグフード2

話題の赤ちゃんコアラ

ニュース

話題の赤ちゃんコアラ
  • 贅沢ねこまんま
  • モグワンドッグフード2
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

ユーカリの葉とたわむれるコアラの赤ちゃん。

こんな風に我が家のペットにできたら楽しいでしょうね。

特に英語圏の人々は、コアラが熊に似ていることから“コアラ・ベアー”と呼ばれることがありますが、これは全くの誤解です。彼らには胎盤がないので“真獣類”(哺乳類)の仲間ではなく、有袋類といって赤ちゃんコアラは未熟な状態で生まれ、 母コアラのお腹にある安全な袋の中で育てられます。”コアラ・ベアー”と呼ぶのは間違いで、正しくはシンプルに“コアラ”です。
コアラは前後の足にそれぞれ5本の指があります。前足の2本の指は人間の親指のように他の指と違う向きに付いているので異なった方向に動かすことができます。そのためコアラはしっかりと木の枝を握り、食べ物(ユーカリの葉)をつかむことができるのです。後ろ足の2番目と3番目の指はくっついていて、それらの爪は毛づくろいするのに使われます。
コアラは半夜行性の動物です。夜行性の動物は、夜に行動し昼間睡眠を取りますが、コアラの場合、時々夜に寝たり昼間行動したりします。コアラの一日の睡眠時間は約18~20時間です。
コアラがよく眠るのは“ユーカリの葉で酔っ払っているから”という言い伝えがありますが、これは間違いです!コアラが長時間眠るのは、繊維質で毒素が強く、栄養価の低いユーカリの葉を常食としている為、それらを消化するのに多くのエネルギーを必要とするからです。睡眠はエネルギーを蓄える最良の手段です。
オーストラリアの南部に生息しているコアラは、北部のコアラに比べてはるかに大きく、厚い毛に覆われています。これは南部の冬の寒さから体温を暖かく保つためです。
コアラはそれぞれ生活する木と呼ばれるいくつかの木から成る“家”があり、定期的にそれらの木々を訪れます。これらの区域はコアラの生活圏(生活範囲)と呼ばれ、他のコアラと重複する部分があります。これは繁殖期に他のコアラに会うためで、通常コアラは他のコアラの生活圏は訪れません。(コアラは縄張り意識の強い動物です。)各コアラの生活圏の大きさは、生息地の質や性別、年齢、生活圏内におけるコアラの社会的地位など様々な要因によって異なります。
オスのコアラは、白い胸の中心に黒っぽい臭腺があります。これは自分の“生活する木”に胸をこすりつけ自分の縄張りだということを示すためです。
コアラ間のコミュニケーションは、見かけ穏やかなコアラからは想像できない“いびき”や“ゲップ”のようないくつかの鳴き声(音)を出すことにより、互いに意思疎通を図ります。
いくつかの要因にもよりますが、通常メスのコアラは毎年1匹の赤ちゃんコアラを生みます。しかし、野生のメスのコアラすべてが毎年子どもを産むわけではありません。特に、年を重ねたメスのコアラは2~3年に1匹のペースで出産します。

出典 http://www.savethekoala.com

生まれたばかりの赤ちゃんは本能的に母親のお腹の袋を目指して登っていきます。わずか2センチほどの体長、まだ目も見えず毛も生えていません。必死でよじ登り無事にお母さんの袋の中に入ると、そこで半年あまり母乳だけで育ちます。
赤ちゃんコアラが袋から顔を出すようになると、お母さんコアラはパップという離乳食のようなものを与えるようになります。これはとても重要でこれを食べることによって赤ちゃんコアラのお腹の中にユーカリを消化するために必要な微生物が定着します。
そしてユーカリの葉を食べられるようになるとみるみる成長します。お母さんコアラのお腹にしがみついたり背中に乗ったりしてお母さんにまとわりつき、その姿はほほえましくなんとも可愛らしいものです。
やがて十分成長し一人前になると親元を離れ独立していきます。

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!