モグワンドッグフード2

おしゃべりペットがチョー可愛い!!

ニュース

おしゃべりペットがチョー可愛い!!
  • 贅沢ねこまんま
  • モグワンドッグフード2
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

おしゃべり上手は一人暮らしのお友達

一人暮らしにぴったりのペットといえば、、、。
おしゃべりをする鳥。
インコやオウム。
犬や猫は愛想はいいですがおしゃべりはしてくれません。
いくら話しかけても吠えるだけ。
おしゃべりが得意な鳥を飼いましょう!!

 まずおすすめはセキセイインコそんなに大きくなく
最初のペットとしては手頃な大きさです。
ペットとしてとてもポピュラーな鳥ですが、
おしゃべり名人でもあります。
上手に訓練すると結構長い言葉も覚えてくれます。
楽しいですよ。

超おすすめはヨウムというインコ。
断トツおしゃべり上手です。
頭がいいというか賢いんでしょうね。
ちょっと大きめですが飼う価値は十分です。
あなたの口癖や、声色も真似てしまいます。
歌も上手でメロディーだけでなく
歌詞も覚えて歌います。
上手に訓練すると会話も成り立ってしまいます。

人の言葉を真似て話すインコ。たまにおかしな言葉を覚えてみたり、歌ってみたりと飽きない存在ですが、そもそも彼らはなぜ人の言葉を話すことができるのでしょうか。今回は、インコが人の言葉を話すワケに迫ってみたいと思います。

■「話す」ことに適した体のつくり

どうしてインコがあんなに上手に人の言葉を真似できるのか、不思議に思ったことはありませんか?その秘密は、彼らの体の構造にあります。インコやオウムなど、人の言葉を真似る鳥は、ほかの鳥に比べて厚みのある舌を持っています。そして、比較的自由に舌を動かせる構造になっているので、人間と同じような言葉を話せるのです。

■インコはもともと「話す」鳥

インコはもともと群れをなして生活している鳥で、群れの中でのコミュニケーションには声が使われています。また、つがいとなったカップル同士は、まるで合い言葉のように同じ言葉を返して相手の存在を確かめます。つまり、もともとインコは「話す」ことでコミュニケーションをとっているのです。

ヒナの時から人間に育てられたインコは、インコ同士の言葉のやり取りと同じことを、飼い主である人間との間で行っています。インコにとって飼い主は親や仲間と同じ存在。だから仲間が発する言葉を、そのままそっくり返しているのです。

■言葉を覚えることは楽しい!

インコにとって人間の言葉を覚えることは、ただ単に「コミュニケーションをとるのに必要だから」という義務感でしかないのでしょうか?実は、インコにとって人間と言葉を共有することは、楽しみのひとつであるようです。

人間の子どもは、ある時期から急激に言葉を覚え始めますが、その時は色々な言葉に興味を示して、遊びの感覚で語彙を増やしていきますよね。それと同じように、インコにも覚えるのが楽しくて仕方ない!という時期があります。そんな時は新しい言葉を覚えること自体を楽しんでいるのです。

そして、彼らは人間である私たちのこともしっかり観察しています。インコが言葉を覚えたことを飼い主が喜んでいると、それを見たインコにも「飼い主を喜ばせた」ということが伝わります。こういったやり取りも、インコにとっては楽しい遊びになるのです。

もしもインコが人間の言葉を話せなかったとしたら、ペットとしての人気はここまで高くならなかったかもしれません。群れでの生活と違い、単体で飼われているインコにとって、人間の言葉を覚えることは楽しみであると同時に、心の支えである飼い主との大事なコミュニケーションツールを得ることなのです。

出典 http://news.mynavi.jp

喋りながら踊り出す。

ポカポカ星からやってきたポカポカ星人。

一人で電話ごっこ。

歌うインコたち。

誰の歌だかわかりますか?

こうなると立派な芸人です。

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!